logo

コラビット、マンション管理組合向け不動産査定サービスを提供

加納恵 (編集部)2017年07月31日 15時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コラビットが運営する「HowMa(ハウマ)」とマンション管理業の穴吹ハウジングサービスは、穴吹ハウジングサービスの顧客に対して、AIを活用した不動産即時査定サービスの提供を開始すると発表した。

「HowMa(ハウマ)」
サービス画面イメージ

 HowMaは、誰でも気軽に不動産の相場価格をチェックできるサービス。今回のサービスは、穴吹ハウジングサービスのマンション管理組合向け生活支援サービス「ハッピーサポート(ハピサポ)」に加入している区分所有者向けに提供するもの。ハピサポが従来提供する議事録閲覧や管理費等請求額照会などに加え、区分所有者は、いま自分の家を「売ったら?」「賃したら?」の推定価格をボタンひとつですぐに知ることができる。

 所有マンションの資産価値を把握することで、相続や資産活用などライフプランの設計や、転勤や子供の独立などによる売買、賃貸の検討もスムーズに、スピーディにできるようになるとしている。

-PR-企画特集