logo

DeNA、横浜でタクシー配車アプリの実用実験--AI活用の需要予測システムを導入

佐藤和也 (編集部)2017年06月23日 12時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディー・エヌ・エー(DeNA)は6月23日、開発を進めているタクシー配車アプリのテスト配信(iOS端末向け)の実用実験を今夏に開始すると発表した。横浜市と神奈川県タクシー協会の協力のもと、横浜市の限定エリアを対象とし、期間は約2カ月間を予定している。またサービスには人工知能(AI)を活用した「需要予測システム」を導入するという。

 今回のタクシー配車アプリは、対応する乗務員専用端末とセットで、タクシーの配車がスムーズに行われるサービスとして提供するもの。乗客はアプリで予想到着時間を事前に確認した上で、指定の場所へタクシーの配車依頼を行うことが可能。周辺を走行しているタクシーが可視化されて表示されるため、空車走行中のタクシーを容易に確認することができるという。その上で、迎車地点で乗客と乗務員が効率よく出会えるよう、お互いの現在地を確認できる機能や定型メッセージを送り合える機能といったシステムも実装する。

 また、AIを活用した需要予測システムは、運行中の車両から収集するビッグデータとタクシー需要に関連する各種データを解析し、乗務員へリアルタイムにタクシー需要予測情報を提供するというものとしている。

 実用実験の対象地域は、横浜市の中区、西区及びJR横浜線沿線(東神奈川~長津田)周辺。そのエリアを乗務員専用端末を搭載したタクシー約100台が走行する。実利用を通じてサービス利用体験上の課題を明らかにし、実用性の高いサービス設計へつなげてゆくことを目的としている。また同社では、タクシー車両と乗客のマッチングを効率化するとともに、深刻化が想定されるタクシー乗務員の労働力不足の課題解決に貢献することを将来的な目標としている。

-PR-企画特集