logo

イーロン・マスク氏、地下トンネル構想でLA市長と「前向きな」会話

Ben Fox Rubin (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年06月20日 08時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Elon Musk氏は、ロサンゼルスの慢性的な交通渋滞を解消したいと考えている。

 SpaceXとTesla Motorsの最高経営責任者(CEO)を務める同氏は米国時間6月18日、自動車、自転車、歩行者を移動させる地下トンネルネットワークの構築について、ロサンゼルスのEric Garcetti市長と会話したとツイートした。The Boring CompanyというMusk氏の新しいベンチャー企業が提案するこのコンセプトは、高速移送用のトンネルを掘削するというものだ。

 Musk氏は、「自動車、自転車、歩行者を運ぶトンネルネットワークについて、@MayorOfLAと前向きな会話をした。技術よりも認可の方が難しいものだ」と述べた。

 Musk氏は火星移住計画など、一連の未来的な輸送コンセプトに積極的に関与している。 同氏は、減圧されたチューブ内で人間や荷物を移送する超高速システム「Hyperloop」の構想も考案した。

 このようなコンセプトは、特にハイテク業界でかなりの注目と関心を集めているが、まだ初期段階にある。

The Boring Company
Musk氏はトンネル掘削に向けてThe Boring Companyという会社を設立している。
提供:David Carnoy/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集