logo

VAIOが社長交代--新社長はJVCケンウッド出身の吉田秀俊氏、事業拡大へ

坂本純子 (編集部)2017年06月15日 18時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 VAIOは6月15日、代表取締役および執行役員社長を交代すると発表した。取締役会および株主総会において決議された。

新たに吉田秀俊氏が代表取締役社長に就任
新たに吉田秀俊氏が代表取締役社長に就任

 これまで、代表取締役および執行役員社長を務めてきた大田義実氏が退任し、新たに吉田秀俊氏が就任した。なお、大田氏は6月15日付で同社取締役に就任している。

 商社出身の大田氏は、「稼ぐ力を作る」とし、2015年6月より「自立と発展」を目指して改革に取り組んできた。

 VAIOは、「大田は直近の課題であったVAIO経営の効率化と安定化、および新規事業(EMS事業)の立ち上げを行い、2015年度 営業利益黒字化の実現、2016年度 前年比大幅増益(見込み)を達成。そのミッションを果たした」と説明。

 今後は、長期的視野での会社の継続的な成長の実現を図るべく、エレクトロニクス業界に長く経験を持つ新社長のもとで、事業拡大を目指すとしている。

 吉田氏は1956年生まれ、現60歳だ。1980年に日本ビクター(現:JVCケンウッド)入社、2008年に同社取締役社長を務めた後、2011年より液晶ディスプレイ関連の専業メーカーであるオプトレックス取締役副社長執行役員兼営業本部長、電子部品メーカーのエルナー顧問、同社代表取締役社長執行役員を経て、6月よりVAIOに就任。

-PR-企画特集