スクエニ、VRアトラクション「バハムートディスコ」の体験会を渋谷で2日間限定開催

佐藤和也 (編集部)2017年06月08日 16時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スクウェア・エニックスは、ハウステンボスと共同で開発を進めているVRアトラクション「バハムートディスコ」について、6月16日と17日の2日間、SHIBUYA109店頭イベントスペースにて“宇宙最速”体験イベントを開催する。

  • 「バハムートディスコ」PVより

 バハムートディスコは、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)なしで没入感のあるVR体験ができるとうたう体感型音楽アトラクション。前後左右360度と、下面90度を加えた5面(450度)の映像空間のなかで、光と音にあわせビートを刻んで遊ぶ内容となっている。長崎県佐世保市にあるテーマパークのハウステンボスに、7月1日プレオープン、7月15日にグランドオープンという形で導入する。

 体験イベントはハウステンボスでの導入に先駆けて行うもので、当日はアトラクション体験ブースでのプレイをはじめ、ブース壁面を背景に撮影する「#BAHA 体験」フォトキャンペーン、アトラクションに参戦する「CTS」と「A-Queen from Burlesque」によるスペシャルライブなどが予定されている。

 イベントの開催時間は両日とも10時から20時。このうち一般体験会の時間は、16日が13時から20時、17日が10時から18時まで。17日の19時30分よりスペシャルライブが予定されている。体験プレイは1組最大4名まで可能。当日は時間帯によっては並ぶ場合があり、想定の体験人数を超える場合は、整理券での対応をとる場合があるとしている。

 ちなみに、アトラクションにおいて使用される楽曲は、ダンスアレンジされた「気分上々↑↑」、「ヘビーローテーション」、「LIFE」、「奏(かなで)」、「残酷な天使のテーゼ」、「千本桜」の6曲。体験イベントではこのうち気分上々↑↑とヘビーローテーションの2曲が体験可能としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加