ハーマン、インフォテイメントシステムをヤマハ北米向けバイクに導入

加納恵 (編集部)2017年06月07日 17時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハーマンインターナショナルは6月7日、ヤマハ発動機の北米向けバイク「Star Venture」に、インフォテイメントシステムとナビシステムが採用されたと発表した。

ヤマハ発動機「Star Venture(北米向け)」
ヤマハ発動機「Star Venture(北米向け)」
ハーマンのインフォテイメントとナビシステムを採用
ハーマンのインフォテイメントとナビシステムを採用

 Star Ventureは、クルーザーバイクのフラッグシップモデル。8月に北米市場で発売される。バイクには7インチの大型ディスプレイを搭載し、「Pandora Radio」のアイコンをデフォルトメニューに配置。各種サテライトラジオにも対応する。

 前席と後席で別々のオーディオ情報を使用できる「2 Zone Audio System」を装備し、ヘッドホンを使用すれば、前席でハンズフリー電話をしているときに、後席では音楽を聴くことができる。車体情報は画面から確認できるほか、ハンドルキーによる操作はもちろん、タッチパネルでの操作にも対応。主な操作は音声でのコントロールも可能だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加