ベゾス氏、完成したロケットエンジン「BE-4」の写真を公開

Andrew Morse (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高橋朋子 (ガリレオ)2017年03月07日 10時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 航空宇宙企業Blue Originが大型ロケットエンジンを完成させた。

 Blue OriginとAmazonの創設者であるJeff Bezos氏は米国時間3月6日、Blue Originが初めて組み立てた「BE-4」エンジンの写真をツイートした。あと2基もまもなく完成するという。

 Blue Originのウェブサイトによると、BE-4エンジンは、米国がロシア製エンジン「RD-180」に依存する状態を終わらせる取り組みの一環だという。BE-4エンジンは4年前から開発が進んでおり、2019年には打ち上げ準備が整うとしている。

Amazonの最高経営責任者(CEO)であり、Blue Originの創設者でもあるJeff Bezos氏
Amazonの最高経営責任者(CEO)であり、Blue Originの創設者でもあるJeff Bezos氏
提供:Leah Puttkammer, Getty Images

 同じくBezos氏が所有するThe Washington Postは先週、Blue Originが米航空宇宙局(NASA)およびトランプ政権にホワイトペーパーを提出し、月面の居住区整備を提案したと報じている。7ページにわたる同文書は、月面に人間を運ぶよりも貨物の輸送に重点を置いた内容になっているという。

 ゆくゆくは当日配送も実現するかもしれない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加