アマゾン、配送センターの屋上で大規模ソーラー発電へ--「コスト減を顧客に還元」

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年03月03日 12時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonは米国時間3月2日、2017年中に15のフルフィルメントセンターにソーラーパネルを設置すると発表した。これにより最大41メガワットを発電できるという。2020年までに、これを50のフルフィルメントセンターに拡大する。

 ワールドワイドオペレーション担当シニアバイスプレジデントのDave Clark氏は発表の中で、今回の動きはAmazonと地球にとってよいことだと述べた。「これは地球環境、当社のビジネス、当社の顧客にとってよいことだ。エネルギーポートフォリオを多様化することで、われわれは事業コストを低く抑え、さらなるコスト減の成果を顧客に還元することができる」(Clark氏)


提供:Amazon

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加