「ファイナルファンタジー」が最もタイトル数の多いRPGシリーズとしてギネス認定

佐藤和也 (編集部)2017年02月20日 17時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スクウェア・エニックスは2月20日、同社が展開している「ファイナルファンタジー」シリーズが、「最もタイトル数の多いRPG(ロールプレイングゲーム)シリーズ」として、ギネス世界記録に認定されたと発表した。

 認定記録は87作(2017年2月15日時点)で、ナンバリング、派生作品および一部リメイク作品を含み、移植や廉価版は除外した作品数がカウント。また複数プラットフォーム展開作は1作としてカウントされているという。

 なお、同日には「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」が、「最も長いエンドロールを持つMMOビデオゲーム」(認定記録:1時間38分)と「最も多くのオリジナルサウンドトラックを持つビデオゲーム」(認定記録:384曲)という2つのギネス世界記録に認定されたという。

2月18日と19日にドイツのフランクフルトで開催した、「ファイナルファンタジーXIV」のファンイベント「FINAL FANTASY XIV FAN FESTIVAL 2017 in Frankfurt」において、認定書が授与された
2月18日と19日にドイツのフランクフルトで開催した、「ファイナルファンタジーXIV」のファンイベント「FINAL FANTASY XIV FAN FESTIVAL 2017 in Frankfurt」において、認定書が授与された
  • このエントリーをはてなブックマークに追加