DeNAのマンガボックス連載「恋と嘘」がテレビアニメ化

佐藤和也 (編集部)2017年02月19日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディー・エヌ・エー(DeNA)は2月18日、同社が運営するマンガアプリ「マンガボックス」にて連載している「恋と嘘」がテレビアニメ化すると発表した。マンガボックス発の作品がテレビアニメ化されるのは、今回が初めて。放送開始は2017年夏を予定している。

 恋と嘘は、2014年8月からマンガボックスにて連載を開始。近未来の日本を舞台に、結婚相手を政府が指定するという世界観を背景に繰り広げられる、禁断の恋の物語が描かれた作品。単行本が5巻まで発売中で、累計発行部数が90万部を突破するなどの人気作となっている。

 テレビアニメは宅野誠起氏が監督、ライデンフィルムが制作を担当。発表にあわせてアニメ公式ページやティザーPVなどを公開している。

テレビアニメ版「恋と嘘」メインビジュアル
テレビアニメ版「恋と嘘」メインビジュアル
(C)ムサヲ・講談社/政府通知普及委員会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加