ボブ・マーリーの意志を受け継ぐ地球に優しいオーディオ「HOUSE OF MARLEY」

加納恵 (編集部)2017年02月16日 14時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 完実電気は2月15日、米「HOUSE OF MARLEY」ブランドの取り扱いを開始した。リサイクルプラスチックや成長の高い竹素材などを使用した、エコフレンドリーなオーディオとして展開する。

 HOUSE OF MARLEYは、レゲエミュージシャンであるBob Marley(ボブ・マーリー)氏のファミリーが携わるオーディオブランド。米国を拠点にカナダ、イギリス、韓国などで販売している。完実電気での取り扱いを記念して同日にローンチパーティを開催。Bob Marleyの実子であるRohan Marley(ローハン・マーリー)氏が来日した。

「HOUSE OF MARLEY」ブランドのローンチパーティに登場した俳優の浅野忠信さん
「HOUSE OF MARLEY」ブランドのローンチパーティに登場した俳優の浅野忠信さん
Bob Marleyの実子であるRohan Marley(ローハン・マーリー)氏
Bob Marleyの実子であるRohan Marley(ローハン・マーリー)氏

 Rohan Marley氏は「HOUSE OF MARLEYは、父のビジョンを受け継ぐブランド。環境に優しい素材を使用しており、自然へのリスペクトを忘れない」とコメント。優れたサウンド、環境に優しい素材、きめ細やかなデザイン、慈善事業と恩返しといったブランドコンセプトを持つ。

 そのため、素材には竹や認証された森林から収穫した木材を示すFSC認証材、再生利用したアルミニウム、プラスチック、織地などを採用。売上の一部は慈善団体に寄付し、植林活動にあてられている。


「HOUSE OF MARLEY」ブランドとして、イヤホン、ヘッドホン、Bluetoothスピーカなどをラインアップする

 発表された新製品はイヤホン3機種「SMILE JAMAICA」「UPLIFT」「NESTA」、ヘッドホン2機種「RISE」「BUFFALO SOLDIER」、Bluetoothスピーカ4機種「CHANT MINI」「CHANT SPORT」「RIDDIM BT」「GET TOGETHER MINI」になる。

 イヤホンはいずれもマイク付きリモコンを備えたスマホ対応で、SMILE JAMAICAとUPLIFTはFSC認証材、NESTAはジルコニア調セラミックのハウジングを採用する。SMILE JAMAICAは9mm、UPLIFTは8mm、NESTAは6mmのダイナミックドライバを搭載。すべてケーブル長は1.35mになる。

 ヘッドホンは両機種ともにBluetoothによるワイヤレス接続が可能。RISEは50mm、BUFFALO SOLDIERは40mmのダイナミックドライバを備える。対応オーディオコーデックはSBC。RISEのみAACにも対応する。いずれも1ボタンのついた1.3mのケーブルが付属する。

  • 「SMILE JAMAICA」

  • 「UPLIFT」

  • 「NESTA」

  • 「RISE」

  • 「BUFFALO SOLDIER」

 CHANT MINIはファブリック素材をベースに、再生プラスチック、アルミニウム、竹素材で作られた手のひらサイズの円形Bluetoothスピーカ。CHANT SPORTは、IP67に対応した防水、防塵性能で、アウトドアでの使用にも最適だ。本体には天然木材とリサイクルアルミニウムを使用する。

 レザーストラップを付け、ポータブル性能に優れたRIDDIM BTは、竹をベースに作ったBluetoothスピーカ。1.5インチのフルレンジ・アクティブドライバとパッシブラジエータを2つずつ搭載する。GET TOGETHER MINIは2.5インチのウーファと0.75インチのトゥイータを2つ搭載したパワフルサウンドのBluetoothスピーカ。両機種ともに2つのスピーカをペアリングして再生することも可能。GET TOGETHER MINIには、USBチャージポートを備え、スマートフォンなどの充電も可能だ。

  • 「CHANT MINI」

  • 「CHANT SPORT」

  • 「GET TOGETHER MINI」と「RIDDIM BT」

浅野忠信さんとローハン・マーリー氏
浅野忠信さんとローハン・マーリー氏
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加