名刺管理「Wantedly People」に海外版--50言語以上の読み取りに対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キャプション
※クリックすると拡大画像が見られます

 ウォンテッドリーは2月6日、ビジネス向け名刺管理アプリ「Wantedly People」の海外版を提供開始した。50言語以上、244の国と地域の名刺に対応する。

 Wantedly Peopleは、スマートフォンで複数枚の名刺を同時に読み取り、瞬時にデータ化する無料の名刺管理アプリ。読み込んだ名刺の持ち主がWantedly上にプロフィールを登録している場合、連絡先の情報とマッチングできる。また、一定時間で使用できなくなるURLを利用した、オンライン上での名刺の貸し借り機能や、CSV形式で保存している名刺データを「Wantedly People」へ移行するインポート機能も搭載する。

 海外版では、英語と中国語に対応したUIを備えており、アプリの設定画面から、読み取りたい名刺に合わせて言語を設定することで、これまで以上に高精度な名刺の読み取りが可能になるという。


登録名刺枚数グラフ

 

 ウォンテッドリーでは、一部のユーザーに対し2016年12月1日よりα版の提供を開始。海外ユーザーの反応も好評であったことから、今回正式にリリースした。同社では、2017年度末までに月間100万人の利用を目指し、新機能開発や機能改善を進めるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加