企業決算

ヴイエムウェア、堅調な第4四半期決算を発表

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2017年01月27日 11時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 VMwareは米国時間1月26日、第4四半期決算(12月31日締め)を発表した。同社は、Dell Technologies傘下の企業として仮想化技術に注力するなか、堅調な業績を上げている。

 第4四半期の売上高は前年同期比9%増の20億3000万ドル、純利益は4億4100万ドル(1株あたり1.04ドル)だった。非GAAPベースの純利益は5億9700万ドル(1株あたり1.43ドル)だった。

 アナリスト予想は、同四半期の売上高が19億9000万ドル、1株あたり利益が1.39ドルとなっていた。

 通年では、売上高が70億9000万ドル、利益が11億9000万ドル(1株あたり2.78ドル)となった。

 VMwareの最高経営責任者(CEO)Pat Gelsinger氏は、同社の第4四半期が「ここ数年を通じて最もバランスの取れた四半期の1つだった」と語っている。

提供:VMware
提供:VMware

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加