木製イヤホンが2000円台で登場--e☆イヤホンから独占先行販売

加納恵 (編集部)2017年01月14日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ポータブルオーディオの専門店「e☆イヤホン」を展開するタイムマシンは1月13日、中国のオーディオブランド「DZAT(デザート)」のイヤホン「DF-10」を、国内独占先行販売すると発表した。ハウジング素材に楓、紅木を用いた木製イヤホンになる。発売は1月14日。店頭税込価格は2230円になる。


DZATのイヤホン。左から紅木を使用した「DF-10 Red Sander」、楓を使用した「DF-10 Maple」

 DZATブランドは、2014年に中国で立ち上げたオーディオブランド。有名ブランドのモデルの開発も手がけていた同社が「妥協しない個性」をコンセプトに開発した。

 6.8mmのダイナミックドライバを搭載し、木材を使用することでハウジングの成形には10以上の工程を経て生産しているというこだわりの設計。耐熱試験、耐久試験を実施することで、品質管理も設計している。

 ハウジングに楓を使用した「DF-10 Maple」と、紅木を使用した「DF-10 Red Sander」の2種類を用意。楽器のような響きと、木製ならではのデザイン性を実現している。

 ナチュラルウッドの本体デザインをいかしたパッケージ内容で、布製ポーチのほか、ブック、ペンなどを同梱。パッケージに書かれている漢字「破風」は、破=壊す、風=風潮を意味しており、今までの風潮を壊し新しいものを創造するといった意味が込められているという。ブックなどに書かれた「渡哲特」は、「Du、Zhe、Te=DZAT」が読みとなり、ブランド名を表記したもので、「現状に満足することなく日々研鑽を積みより良い特別な製品を作り続けるという意味を持つ。

 再生周波数特性は20Hz~20kHz。イヤピースはボディカラーに合わせ、楓はホワイト、紅木はブラックを採用する。

  • 楓を使用した「DF-10 Maple」

  • リアハウジングにステンレッシュメッシュを採用

  • ポーチやイヤピースのほか、ペン、ブックが付属する

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加