logo

米YahooがAltabaに社名変更--日本の「ヤフー」の名称はどうなる?

山川晶之 (編集部)2017年01月10日 13時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セキュリティ問題に揺れつつも、米通信大手のVerizonへ一部事業の売却が進んでいる米Yahoo!だが、事業売却後に社名を「Altaba」に変更することが判明した。変更後は、日本のヤフーの株式35.6%とAlibabaの株式15.4%を保有する投資会社になるという。

 本家の社名変更にともない、ヤフーも名称を変更する必要はあるのだろうか。この点について同社広報部に確認したところ、「ブランドに関しては、双方の同意がなければ、名称の使用を終了できないライセンス契約になっている」という。

 このため、米Yahoo!の一方的な判断で「Yahoo!」の名前が使えなくなることはなく、現時点では事業への影響もないようだ。また、米Yahoo!からヤフーに出向している2人の取締役についても、今のところ特に決まったことはないという。

 ヤフーは、1996年にソフトバンクと米Yahoo!が立ち上げた合弁会社。ソフトバンクグループが、ヤフーの株式の36.4%を所有しており、筆頭株主になっている。

-PR-企画特集