logo

「Philips Hue」に体内時計を整える白色モデル--どこでもつけられるスイッチも

加納恵 (編集部)2016年12月06日 18時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フィリップス ライティング ジャパンは12月6日、IoT照明「Hue」シリーズに、白色に特化した「Philips Hueホワイトグラデーション」(ホワイトグラデーション)を発表した。温かみのある白から、目覚めるような白まで、4つの白色を切り替えて使用できる。発売は12月中旬。想定税別価格は、「ホワイトグラデーション シングルランプ」が3400円、「Dimmer スイッチ」が2800円になる。


「ホワイトグラデーション」

 HueはWi-Fiに接続することで、LED照明の色や明るさをスマートフォンなどから操作できるIoT照明。現在、1600万色以上をスマートフォンからコントロールできる「Philips Hue スターターセット v2」、バッテリを内蔵し持ち運びができる「Philips Hue Go(フィリップスヒューゴー)」などをそろえる。

 ホワイトグラデーションは、スマートフォンとHueをつなぐブリッジをなくしたほか、白色に特化した4つのライトレシピを備えた新ラインアップ。ライトレシピは、集中力を高める昼光色(6500K)、やる気を出す昼白色(5000K)、本を読む電球色(2200K~)、くつろぐ電球色「~2700K」の4つを用意し、時間と生活シーンに合わせて、白色を切り替えることで、サーカディアンリズム(体内時計)の正常な活動を促す。

 電源のオン、オフや、ライトレシピの切り替えは、Dimmerスイッチから操作が可能。ライトとDimmerスイッチは、ワイヤレス規格「ZigBee Light Link」で接続され、Wi-Fi接続は不要だ。Dimmerスイッチは電池式で、同梱のスイッチ設置用プレートに装着して壁などに取り付ければ、照明スイッチを部屋中どんな場所にも取り付けることが可能。磁石、ねじ、両面テープなどを使って壁に装着ができる。


設置プレートに装着した状態の「Dimmerスイッチ」
  • 左からDimmerスイッチ、スイッチ設置用プレート

  • Dimmerスイッチは高さ92mm×幅35mm×奥行11mm

  • 設置用プレートの裏側。磁石、両面テープ、ねじで壁などに固定できる

 従来のHueシリーズとも連携して使うことができ、ブリッジを接続すれば、専用アプリをインストールしたスマートフォンなどからの操作にも対応。Dimmerスイッチから従来のHueシリーズをコントロールすることも可能だ。ホワイトグラデーションライト2個と、ブリッジ1台、Dimmerスイッチ1個をセットにした「Philips Hue ホワイトグラデーションスターターセット」(想定価格:1万4800円)もラインアップしている。

 発表会では、美術評論家でコラムニストの山田五郎さんとNPO法人睡眠文化研究会事務局長の鍛治恵さんが登場し、睡眠と照明の関係についてトークセッションを披露。鍛治さんは「光はとても睡眠に影響がある。おだやかな明かりを取り入れて、いい眠りを得てほしい」とコメント。山田さんは「電源スイッチは、家を設計するときに悩ましい問題の1つ。手元で操作できることに大きな意味がある」と、Dimmerスイッチの利便性を説明した。


左からフィリップス ライティング ジャパンマーケティング部部長の久保徳次氏、山田五郎さん、鍛治恵さん
 

-PR-企画特集