logo

楽天とNTT東日本、セキュリティとICTサービス分野で協業 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天と東日本電信電話(NTT東日本)は11月30日、セキュリティおよび、ICTサービス分野における協業契約を締結したと発表した。

 楽天では、ユーザーが安心安全に「楽天市場」を利用できるよう、出店店舗と連携しながらさまざまな取り組みを実施している。この取り組みを一層推進するため、セキュリティおよびICT分野における技術・運用ノウハウを持つNTT東日本と協力し、EC業界の発展に向けた企画を展開する。

 この取り組みの第一弾として、12月1日より、楽天市場の出店店舗を対象としたセキュリティサービス「楽天まるごとアンチウイルス」の提供を開始する。これは、法人向けウイルス対策サービスにセキュリティサポートを組み合わせたもので、NTT東日本の「ITサポート&セキュリティ for MA」および「フレッツ・ソフト配信サービス」を活用している。


楽天まるごとアンチウイルス

 初期費用は、1店舗あたり税込2160円。月額料金は、デバイス1台(PCまたは、モバイル端末)につき月額税込972円。ウイルス対策機能に加え、端末を一元管理することで個々の端末のセキュリティレベルの低下を防止する機能を提供する。また、セキュリティサポートによりインストールやセキュリティ設定などのサポートが受けられる。

 今後、両社のサービスやノウハウを活用し、楽天グループの他事業においても連携を進めるとしている。

-PR-企画特集