JVC、ステンレス切削ボディを採用したソリッドなイヤホン「HA-FD7」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JVCケンウッドは11月16日、JVCブランドの「SOLIDEGE(ソリデージ)」シリーズより、インナーイヤーヘッドホン「HA-FD7」(想定税別価格:1万2880円前後)を発表した。「音楽を愛する人へ、ライフスタイルに合った等身大の新しい世界を提案する」をコンセプトにした新レーベル「N_W(エヌダブ)」の第1弾として、11月下旬に発売する。

 HA-FD7は、円筒形状のステンレス切削を採用した本体に、スピン加工を加えた、シンプルで一体感のあるデザイン。無垢削り出しのステンレスボディが不要な振動を抑え、キレのあるドラムや引き締まったベース音を再現するとともに、ハイレゾ対応チタンコート振動板が、キレのあるギターサウンドや艶のあるボーカルを再現する。

 イヤーピースには、エンクロージャ(音響筐体)の先端に超小型ドライバユニットを直接固定する「新トップマウント構造」を採用。耳の奥までしっかりと挿入ができ、奥で音を響かせることで、繊細で表情豊かなサウンドを実現した。再生周波数帯域は8Hz~40kHz。

 本体カラーは「ブルー」「ブラック」「グレー」「ブラウン」の4色を用意。スマートフォンやデジタルオーディオプレーヤーと接続しやすいL型プラグで、ケーブルは被覆部分に微細な溝を入れ、絡みにくくしたグルーヴケーブルを採用した。イヤーピースがS、M、L各2個、クリップ、ケーブルキーパー、キャリングポーチが付属する。

「HA-FD7」
「HA-FD7」
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加