logo

パイオニア、「通行実績データ」の提供を開始--災害時の車両ルートを支援

加納恵 (編集部)2016年11月16日 17時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パイオニアは11月16日、車両が通行したルートを判別する「通行実績データ」の提供を開始すると発表した。防災、減災に取り組む公共機関などの団体、企業向けに提供する。

災害時の「通行実績データ」活用イメージ
災害時の「通行実績データ」活用イメージ

 通行実績データは、日本全国の道路における1時間ごとの通行実績をデータとして提供できるというもの。これまで大きな災害発生時のみ警察庁やNPO法人ITS-Japanに提供しており、刻々と状況が変化する災害時の道路状況において、通行可能なルート案内をサポートしてきた。

 今回の提供は、防災、減災、復旧、復刻を目的とする限り、災害時、平常時問わず通行実績データを提供。交通規制や渋滞状況を表示できる地図サービスに重ねて表示することも可能だ。利用額は年額5万円から。

「通行実績データ」東京近辺サンプルデータ
「通行実績データ」東京近辺サンプルデータ

-PR-企画特集