logo

音の決め手は新素材CNFと墨--オンキヨー伝統の「Scepter」スピーカに新モデル

加納恵 (編集部)2016年10月27日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは10月27日、オンキヨーブランドのスピーカ「Scepter(セプター) SC-3」を発表した。スピーカ素材からユニットの設計まで一貫して自社で行う「Scepter」ブランドを冠する。発売は12月中旬。税別価格は1台30万円。

「Scepter SC-3」
「Scepter SC-3」

 Scepterは、オンキヨーが1962年から実施しているスピーカの高音質化研究開発プロジェクト。最新モデルとなるSC-3は、最先端素材「CNF(セルロースナノファイバー)」とパルプを配合した独自の「ONF(オンキョーナノファイバー)」を採用したほか、オンキヨー伝統のノンプレス成型による20cmウーファを搭載する。

 ノンプレスONFを使った20cmコーン型ウーファと、2.5cmリング型マグネシウムコンプレッションドライバのホーン型トゥイータを搭載した2ウェイバスレフ型で、再生周波数帯域は28Hz~50kHz。キャビネットは板厚最大42mmの高剛性MDF材を、内部を彫り構造にすることで、響きをコントロールする新開発の「Resonance Sculpting Control」テクノロジを採用する。

 独Mundorf(ムンドルフ)製のコンデンサを搭載したほか、ネットワーク回路には、電流面を一致させた素子マウント構造を使用し、ノイズを抑え、繊細な音の表現を実現する。

 ウーファ表面には、奈良の老舗である古梅園の「紅花墨(こうかぼく)」を塗布することで、伝搬速度を向上し、内部ロス、SN比を改善しているとのこと。音の抜けがよく、分厚い低音再生を実現する。

 スピーカサイズは、高さ484mm×幅300mm×奥行き450mmで、重量約24.1kg。専用に設計されたスピーカスタンド「AS-3」(税別価格6万円/1台)と組み合わせることで、不要な振動を吸収し、自然な音色を鳴らせる。

 なお、10月30日に東京・秋葉原の富士ソフト アキバプラザで開催される「音のサロン:『最新スピーカー6機種比較試聴』」と、11月12~13日に大阪・南船場で行われる「オーディオセッション in OSAKA 2016」内のオンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンブース内で、試聴イベントを開く。

  • 「SC-3」と専用スタンド「AS-3」の組み合わせ

  • ノンプレスONFを使った20cmコーン型ウーファ

  • ウーファ表面に塗布している古梅園の「紅花墨(こうかぼく)」

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集