logo

JVC、重低音&タフの「XX」シリーズにハイレゾ対応の「HA-FX99X/FX77X」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JVCケンウッドは10月7日、JVCブランドより、重低音にこだわった「XX (XTREME XPLOSIVES)」シリーズのラインアップとして、イヤホン「HA‐FX99X/FX77X(想定税別価格:1万2880円前後/6880円前後)」の2モデルを発表した。10月中旬に発売する。

  • 「HA-FX99X-B」

  • 「HA-FX77X-BR」

  • 「HA-FX77X-S」

 HA‐FX99X/FX77Xは、磁束密度を高め、リニアリティを向上させた高磁力ネオジウムドライバユニットにより、クリアで“キレ”のあるサウンドを実現。ハウジング内部にダクトをトルネード状に配置する「XTREME TORNADO DUCT(エクストリームトルネードダクト)」により、コンパクトなデザインと深みのある重低音再生を両立したという。

 本体には外部からの衝撃を抑えて不要な振動を低減する、アルミ切削を採用。アルミスピンとダイヤカットデザインにより、高級感を演出した。2mmのケーブルの被覆部分には、微細な溝を入れて摩擦をおさえ、丈夫で絡みにくいグルーヴケーブルにした。

 HA-FX99Xは、高剛性カーボン振動板のドーム部に、軽量で高強度な PEN(ポリエチレンナフタレート)素材を加えた、ハイブリッド振動板を採用。「XX」シリーズとしては初めてのハイレゾ音源再生対応機になる。

 HA-FX99Xの本体カラーはブラックのみ。スパイラルドットイヤーピースがS、M、L各2個、HA-FXFX77Xの本体カラーはブラックレッド、シルバーの2色で、イヤーピースがS、M、L各2個を付属する。両機種ともにキャリングポーチが同梱される。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集