logo

メールセキュリティ対策「GUARDIANWALL Cloud Edition」に新版--キヤノンIT

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は9月29日、サービス事業者向けのメール情報漏えい対策ソフトウエア「GUARDIANWALL Cloud Edition(ガーディアンウォール・クラウド・エディション)」の新バージョンを10月20日より提供開始すると発表した。提供価格は年額62万4000円(税別。契約期間中の保守も含む。50ユーザーの場合)から。

 GUARDIANWALL Cloud Editionは、サービス事業者向けにマルチテナントやスケールアウトなどのクラウド環境に求められる機能を搭載した、メールフィルタリングアーカイブのためのソフトウェア。サービス事業者が提供するサービスのエンジンとして適しているほか、大企業がプライベートクラウド上に構築するグループ統合メール環境の情報漏えい対策にも適しているという。


 バージョンアップでは、さまざまな利用者が簡単に使えるよう、管理画面の刷新とレポート機能の強化が行われている。また、以前からGUARDIANWALL Cloud Editionを利用しているサービス事業者から要求の高かった機能を追加し、付加価値の高いサービス提供を可能にしたとのこと。

 新版の主な特徴は以下の通り。

  • 管理画面を刷新
  •  管理画面を大幅に刷新し、直感的な操作が可能なユーザインターフェイスを実現。

  • レポート機能を強化
  •  利用実態のレポートを、統計・グラフでわかりやすく表示。また、グラフをクリックすることでドリルアップ・ダウン表示が可能。

  • メールフィルタリング/アーカイブ機能の強化
  •  以下の各機能を追加

     ・添付ファイル暗号化:送信メールの添付ファイルを自動的に暗号化

     ・宛先BCC変換:複数宛先の一斉送信メールの宛先をBCC変換し、誤送信を防止

     ・フィルタリングの適用通知:フィルタリング適用時に指定アドレスへBCC転送

  • 個人情報検査機能を追加(マイナンバー対応)
  •  GUARDIANWALL V8.1に実装されている個人情報検査機能を搭載。

-PR-企画特集