logo

ソニー、「α99 II」を日本で11月に発売--史上最速AF搭載のAマウント最上位機

加納恵 (編集部)2016年09月28日 12時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは9月28日、デジタルカメラ「α」シリーズに、Aマウントモデルの最上位機種となる「α99 II ILCA-99M2」を追加した。新開発のハイブリッド位相差検出AFシステムを搭載し、Aマウント史上最速のAFと連写性能を実現する。発売は11月。


「α99 II ILCA-99M2」

 すでに独国で開かれた写真・映像関連の展示会「Photokina 2016」で発表されたモデルで、日本市場向けの発売が正式にアナウンスされた。

 新開発のハイブリッド位相差検出AFシステムは、79点の測距点を誇る専用位相差AFセンサと399点像面位相差AFセンサを同時に駆動することで、AFの速度、精度、追従性能を大幅に向上。独自の「トランスルーセントミラー・テクノロジー」が、イメージセンサとAFセンサの駆動に大きく寄与している。

 裏面照射型CMOSセンサ採用による読み出しの高速化、フロントエンドLSIとシャッターユニットの新開発により、連写撮影は毎秒約12コマを実現。切り出しのないフル画素のまま撮影ができるほか、フリッカーも軽減している。

 撮像素子には、有効画素約4240万の35mmフルサイズ(35.9×24.0mm)、Exmor R CMOSセンサを使用。最大4200万画素の静止画撮影と、XAVC S形式での4K、AVCHD形式でのフルHDの動画撮影に対応する。XAVC S形式では、約100Mbpsの高ビットレートによる動画撮影も可能だ。

 ボディサイズは高さ104.2mm×幅142.6mm×奥行き76.1mmで、重量約849g(バッテリとメモリカード含む)。3.0型の液晶モニタは3軸チルト構造で、ファインダー倍率0.78倍のXGA OLED Tru-Finderを備える。カードスロットはダブルスロットを装備。最上位機ながら、APS-Cセンサを搭載した「α77 II」同等のサイズ感に収めているという。

  • 35mmフルサイズ(35.9×24.0mm)、Exmor R CMOSセンサを搭載

  • 3.0型の液晶モニタは3軸チルト構造

  • 奥行きは76.1mm。APS-C搭載モデルとほぼ同じサイズ感だという

 

-PR-企画特集