logo

トヨタ、手乗りサイズのパートナーロボット「KIROBO mini」発売--製造はVAIO

山川晶之 (編集部)2016年10月03日 14時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トヨタ自動車は10月3日、コミュニケーションロボット「KIROBO mini」を2017年に発売すると発表した。本体価格は3万9800円で、東京都と愛知の一部販売店で先行販売を予定しており、ウェブサイトで事前予約を受け付ける。

「KIROBO mini」は高さ10cmのコンパクトサイズ。歩行はできないものの、首を振る際に足をバタバタとさせる愛らしい仕草などが特徴だ
「KIROBO mini」は高さ10cmのコンパクトサイズ。歩行はできないものの、首を振る際に足をバタバタとさせる愛らしい仕草などが特徴だ
(左から)トヨタ自動車MS製品企画部主査の片岡史憲氏とトヨタ自動車専務役員の吉田守孝氏
(左から)トヨタ自動車MS製品企画部主査の片岡史憲氏とトヨタ自動車専務役員の吉田守孝氏

 KIROBO miniは、座った姿勢で高さ10cm、重さ183gと手のひらに収まるコンパクトサイズのロボット。設定年齢は5歳児ぐらいをイメージしており、話しかけた人の方向に顔を向け、顔や手などを動かしながら何気ない会話が可能。トヨタでは、「コミュニケーションパートナー」と呼んでおり、クルマづくりと共通する「人に寄り添い、心を通わせる存在」を目指しているという。

 また、IoTやクルマとのインターフェイスとしても利用を想定している。「トヨタスマートセンター」をハブに、自宅のHeMSサーバ、車のDCM(専用通信機)からデータを収集した「T-Connectサーバ」と連携することで、自宅の様子や車の状態をコミュニケーションを使って把握することができる。

 トヨタ自動車専務役員の吉田守孝氏は、「生活者を中心に考えると、今後の社会課題であるコミュニケーションストレスと、それに対応する社会意義が見えてきた」と、KIROBO mini開発の背景を説明。「今はまだ生まれたての状態」としつつ、クルマ、家、社会のドメインをつなぐ役割として成長させたいと述べた。

「KIROBO mini」は、クルマ、家、社会をつなぐ役割として成長していく
「KIROBO mini」は、クルマ、家、社会をつなぐ役割として成長していく
「トヨタハートシステム」の概要
「トヨタハートシステム」の概要

 会話機能は、KIROBO miniをスマートフォンアプリ(月額300円程度)とBluetooth接続することで実現する。簡単な受け答えはスマートフォン側で処理し、複雑な会話の場合はクラウドを仲介することで、会話のタイムラグを抑える。音声認識サーバやコミュニケーションサーバを含めたシステム全体をトヨタでは「トヨタハートシステム」と呼んでいる。

 目の部分にはカメラを内蔵し、顔認識に加え表情認識機能を搭載。こちらから声かけをしなくとも、KIROBO MINIが表情を読み取って、ユーザーの感情に合わせて話しかけてくれる。個人を判定することはできないものの、音声認識でユーザーの名前を登録することで、愛称で呼ぶこともできる。

 製造はVAIOが担当する。同社には、ソニーの「AIBO」を製造していた安曇野工場があり、高密度設計や実装技術を生かしたロボットの製造・メンテナンスノウハウを活用する。連続コミュニケーション時間は2時間半。充電時間は約3時間。KIROBO mini背面の端子から給電する。

足をバタバタさせるため、底面部分は円形状の膨らみが設けてある
足をバタバタさせるため、底面部分は円形状の膨らみが設けてある
カメラマンに囲まれる「KIROBO mini」。愛らしい仕草から「KIROBOちゃーん」と声をかけられていた
カメラマンに囲まれる「KIROBO mini」。愛らしい仕草から「KIROBOちゃーん」と声をかけられていた

 KIROBO miniは、2015年の東京モーターショーでプロトタイプが発表されており、東京大学、ロボ・ガレージ、トヨタ、電通が中心となって開発したコミュニケーションロボット「KIROBO」がベースとなっている。KIROBO miniでは、ロボ・ガレージはデザイン監修で参加しており、開発自体はトヨタで実施された。

-PR-企画特集