logo
Indiegogo

「Air Pods」よりクールなBluetoothイヤホン「Sound」--こちらがアップル純正では?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleがイヤホンジャックのない「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」とともに発表した、純正のワイヤレスヘッドセット「Air Pods」。左右が完全分離のスッキリした形状で、iPhoneと簡単に無線接続できる使いやすさは、さすがAppleの製品だ。しかし、その斬新なデザインに対する評価は大きく分かれ、耳から“綿棒”や“うどん”が垂れ下がっているみたい、と揶揄(やゆ)する声もある。

 そこで、実はこちらがApple純正かと思うほどクールなデザインのBluetoothヘッドセット「Sound」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Indiegogo」で支援募集中。

実はこちらがApple純正かと思うほどクールなデザイン(出典:Sound公式サイト)
実はこちらがApple純正かと思うほどクールなデザイン(出典:Sound公式サイト)

 Soundは、Air Podsと同様、右耳用と左耳用が完全に分かれているBluetoothヘッドセット。ただし、人間の耳から着想したというその形状はAir Podsとまったく異なり、耳全体を覆い隠すようにかぶせて使う。

人間の耳から着想した形状(出典:Indiegogo)
人間の耳から着想した形状(出典:Indiegogo)
耳全体を覆い隠すようにかぶせて使う(出典:Sound公式サイト)
耳全体を覆い隠すようにかぶせて使う(出典:Sound公式サイト)

 ボディにボタンは設けられておらず、表面をスワイプして音量調整、再生、停止、スキップなどの操作をする。連携させたスマートフォンに電話がかかって来た場合には、タップして受けたり拒否したりできる。

表面をスワイプやタップして操作(出典:Indiegogo)
表面をスワイプやタップして操作(出典:Indiegogo)

 全体的に意識せず操作できるデザインになっていて、例えば、耳から外すと音楽再生をポーズし、耳に付けると再生を自動再開する。また、左右のユニットを1つにまとめると自動的に省電力モードへ入った後、電源が切れる。逆に、ユニットを左右に分けると、電源が入り、以前接続していたデバイスと自動Bluetooth接続する。

1つにまとめたり左右に分けたりして電源などを制御(出典:Sound公式サイト)
1つにまとめたり左右に分けたりして電源などを制御(出典:Sound公式サイト)

 さらにSoundは、ほかのSoundユーザーとの音楽共有機能も備えている。Sound専用アプリで共有機能を起動すると、通信可能範囲内のSoundユーザーに音楽を送信できる。

Soundユーザー間で音楽を共有(出典:Indiegogo)
Soundユーザー間で音楽を共有(出典:Indiegogo)

 Indiegogoでの目標金額は15万ドル。記事執筆時点(日本時間9月26日11時)でキャンペーン期間は1カ月残っているが、すでに目標を上回る約27万2000ドルの資金を集めている。

-PR-企画特集