PS4「人喰いの大鷲トリコ」の発売日が12月6日に延期--「予想以上のバグが発生」

佐藤和也 (編集部)2016年09月12日 21時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は9月12日、PS4用ソフトとして開発を進めている「人喰いの大鷲トリコ」について、発売日を12月6日に延期すると発表した。

 本作は「ICO(イコ)」や「ワンダと巨像」などで知られる上田文人氏がディレクターとして手がけているタイトル。プレーヤーは少年となり、人喰いと恐れられる大鷲のトリコとともに、忘れ去られた巨大遺跡を冒険するアクションアドベンチャーゲームとなっている。

 当初発売日を10月25日と告知していたが、SIE ワールドワイド・スタジオプレジデントの吉田修平氏が延期の理由として「開発の最終段階で予想以上のバグが発生しており、これらに対処し、『人喰いの大鷲トリコ』の開発チームの思い描く体験をお届けするには、時間が足りないとの決断に至った」と、コメントしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加