「最高齢でゲーム音楽を作曲した作曲家」として、すぎやまこういち氏がギネス認定

佐藤和也 (編集部)2016年09月06日 11時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 作曲家として知られるすぎやまこういち氏が、84歳292日(2016年1月28日時点)で「The oldest videogame music composer(最高齢でゲーム音楽を作曲した作曲家)」としてギネス世界記録に認定されたと、同氏が手がける「ドラゴンクエスト」シリーズのスクウェア・エニックスが発表した。

  • すぎやまこういち氏(右)

 すぎやまこういち氏は、1931年4月11日の東京都生まれ。テレビ局のディレクターとして番組を手がける傍らで作曲家の活動を開始。「亜麻色の髪の乙女」や「恋のフーガ」をはじめとした数多くのヒット曲を手がけているほか、CM、アニメ、映画音楽、器楽曲、東京・中山競馬場の発走のファンファーレ、マーチなど幅広いジャンルの音楽を手がけている。ドラゴンクエストシリーズにおいては、音楽は初代作からすべて同氏が担当している。

 このギネス記録は、9月8日に発売される書籍「ギネス世界記録2017」日本語版にて掲載予定となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加