logo

任天堂、ニンテンドー2DSを9月15日に単体販売--5色をラインアップ

佐藤和也 (編集部)2016年09月02日 07時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 任天堂は9月1日、インターネットプレゼン番組「Nintendo 3DS Direct 2016.9.1」を放送。そのなかで、携帯型ゲーム機「ニンテンドー2DS」を9月15日に単体販売すると発表した。価格は税別で各9800円。

  • 「ニンテンドー2DS」パッケージデザイン(ブルー)

 これはニンテンドー3DSのソフトを2D表示で楽しむことができるゲーム機。これまで国内向けには、2月に「ポケットモンスター」シリーズとセットによる販売を行っていた。

 液晶サイズは上画面と下画面ともにニンテンドー3DSと同じ。本体右下のスリープスイッチによって、スリープモードに変更することができる。amiibo対応ソフトも楽しむことはできるが、別売りのニンテンドー3DS NFCリーダー/ライターが必要になっている。

 本体カラーは「ブルー」「レッド」「クリアブラック」「ピンク」「ラベンダー」の5色。いずれもACアダプタが付属されている。

 また、手ごろな価格で販売する「HAPPY PRICE SELECTION」について、新たに「ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D」、「ファイアーエムブレム 覚醒」、「マリオテニス オープン」などの5タイトルを9月15日に発売する。価格は税別で各2700円。

  • ブルー(表面)

  • ブルー(背面)

  • レッド

  • クリアブラック

  • ピンク

  • ラベンダー

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]