logo
Kickstarter

スケートボードの電動化ユニット「Eon」--最高時速35km、9%の坂を登る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本では法律の制約で公道走行に使えないだろうが、クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で人気を集めているので紹介しよう。それは、スケートボードを簡単に電動化できるユニット「Eon」だ。

スケボーを簡単に電動化(出典:Kickstarter)
スケボーを簡単に電動化(出典:Kickstarter)

 Eonは、既存のスケートボードに取り付け可能な電動化ユニット。モーターの力により、最高時速35kmで走行し、最大9%の坂を登れる。フル充電したバッテリで、24km走行できるという。速度調整などは、リモコンで操作する。

速度調整などはリモコンで(出典:Kickstarter)
速度調整などはリモコンで(出典:Kickstarter)

 モーター、バッテリ、ホイール(ウィール)、トラックが一体化しており、スケートボードのデッキ(板)にネジ止めするだけで取り付け完了。対応しているデッキの形状に若干の条件はあるが、多くのデッキに取り付けられる。

さまざまなデッキに取り付け可能(出典:Kickstarter)
さまざまなデッキに取り付け可能(出典:Kickstarter)
対応していな形状のデッキに注意(出典:Kickstarter)
対応していな形状のデッキに注意(出典:Kickstarter)

 Eonは、スマートフォン用アプリがあり、加速パターンや最高速度などの設定が可能。走行したルートを後から地図で確認し、それを友達にシェアしたりもできる。

アプリで加速パターンや最高速度などを設定(出典:Kickstarter)
アプリで加速パターンや最高速度などを設定(出典:Kickstarter)
走行ルートの共有も(出典:Kickstarter)
走行ルートの共有も(出典:Kickstarter)

 今回のKickstarterキャンペーンでは、既存のスケートボードに取り付けるEonを単体で提供するほか、デッキにEonを装着済みの完成品も用意している。

キャンペーンでは完成品も用意(出典:Kickstarter)
キャンペーンでは完成品も用意(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間8月27日まで。記事執筆時点(日本時間8月25日11時)でキャンペーン期間は2日近く残っているが、すでに目標金額10万ユーロの3倍弱に相当する約29万4000ユーロの資金を集めている。

-PR-企画特集