logo

マネーフォワード、北九州のFinTech普及促進を加速--北九州銀行、みずほ銀行と連携協定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マネーフォワードは8月23日、福岡県北九州市、北九州銀行、みずほ銀行と「中小企業・小規模事業者の生産性向上及び新たな起業促進に関する協定書」を締結したと発表した。

連携協定を締結
北九州市・北九州銀行・みずほ銀行とフィンテック普及促進に係る連携協定を締結

 同協定は、6月に北九州市と取り組みを開始した「MFクラウド地方創生プロジェクト」の一環。自治体に加え金融機関が参加することで、さらなる地域経済の活性化を目指すという。

 MFクラウド地方創生プロジェクトは、少子高齢化の進行にともなう労働力不足や、地域経済の縮小などの課題を抱える地域において、中小企業の生産性向上と経営改善、創業支援を目的に、自治体や商工会議所と連携して、ビジネス向けクラウドサービス「MFクラウドシリーズ」の導入を促進するもの。

「MFクラウド地方創生プロジェクト」
「MFクラウド地方創生プロジェクト」

 今回、「中小・小規模事業者の競争力向上」や「起業しやすい街づくり」などを目標に掲げる北九州市に、北九州銀行とみずほ銀行が賛同し、同協定を締結することに合意した。2行が加わり、それぞれが主体的な活動をすることで、プロジェクトの活動がより広く市内の企業に浸透することを期待し、4者間での連携体制を強化する。

 同連携協定の主な内容は、(1)市内企業に対するFinTechを用いた生産性向上および経営改善の啓発、(2)商店街などにおけるFinTech導入によるモデルケースの構築、(3)FinTechの導入および運用に関するサポートの実施の3つ。すでに、「北九州スタートアップネットワークの会」によるセミナー開催(8月26日)、北九州銀行のセミナー開催(10月)、みずほ銀行のセミナー開催(11月)が予定されている。

-PR-企画特集