グラブルのアクションRPG化や新作ゲームなどを多数発表--Cygames Next 2016

佐藤和也 (編集部)2016年08月22日 18時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Cygames(サイゲームス)は8月21日、同社のゲーム展開における発表会「Cygames Next 2016」を開催した。この発表会ではソーシャルゲームとして展開している「グランブルーファンタジー」(グラブル)のアクションRPGの制作決定やアニメ新情報をはじめ、「プリンセスコネクト!」の続編タイトル、名作タクティクスゲームを手がけたクリエイターによる「PROJECT LOST ORDER」、競走馬美少女コンテンツ「ウマ娘」、タクティカルRPG「セブンズストーリー」のリメイクなど、さまざまな新作タイトルや新情報を発表した。

グラブルのアクションRPGが制作決定、アニメは2017年1月から放送開始

 注目を集めたのが、グラブルをテーマとしたアクションRPG「Project Re:Link」の発表。「ベヨネッタ」や「メタルギア ライジング リベンジェンス」などのアクションゲームを手がけたことで知られるプラチナゲームズとの共同開発タイトルとなっている。

  • 「Project Re:Link」PVより

    (C) Cygames, Inc.

 グラブルシリーズのプロデューサーを務めるCygamesの春田康一氏によれば、本作はマルチプレイ型のアクションゲームだが、1人プレイでも十分楽しめるようにしているという。また、ハードコアと呼ばれるような難しいゲームにはならないよう配慮しているとし、「プラチナゲームズの得意なアクションゲームと、グラブルのRPGのいいところをあわせたタイトル」としている。

 発表にあわせて公式サイトや映像も公開。実際にキャラクターたちが戦っているシーンも映し出されているが、春田氏によれば「個人的な見方では、まだ完成度は10%程度」とのこと。キャラクターも多数登場するとしている。なおリリース時期や展開するプラットフォームなどは未定となっている。

 すでに制作を告知しているアニメ「GRANBLUE FANTASY The Animation」については、2017年1月から放送開始予定であることを発表。監督は伊藤祐毅氏、キャラクターデザインは赤井俊文氏がそれぞれ担当するほか、音楽はゲーム本編と同様に植松伸夫氏と成田勤氏が手がける。また主題歌はBUMP OF CHICKENの「GO」に決定した。登場キャラクターのジータを宣伝隊長とした応援企画を展開し、アニメ放映に向けて盛り上げていくという。

 発表会では伊藤監督やグラン役の小野友樹さん、ジータ役の金元寿子さん、シェロカルテ役の加藤英美里さんも登壇し、アニメにまつわるトークを展開した。

  • アニメは2017年1月からの開始を告知

    (C)アニメ「グランブルーファンタジー」製作委員会

  • 左からCygamesの春田康一氏、アニプレックスのプロデューサーを務める鈴木健太氏、伊藤祐毅監督

  • 左からグラン役の小野友樹さん、ジータ役の金元寿子さん、シェロカルテ役の加藤英美里さん

 このほか、グラブルの情報を集約しスケジュールやイベント管理などができるゲーム連動ポータルアプリ「SkyCompass」のリリースのほか、ゲーム内新イベント「アーカルムの転生」の実装、楽曲CD第7弾と8弾のリリース、期間限定のオフィシャルショップ「よろず屋シェロ なんばマルイ出張所」の開催などを告知した。

  • ポータルアプリ「SkyCompass」

    (C) Cygames, Inc.

  • ゲーム内新イベント「アーカルムの転生」

    (C) Cygames, Inc.

  • 楽曲CD展開

    (C) Cygames, Inc.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加