logo

Blackberry、「Hub+」を他社製Androidデバイスにも提供

Jacob Krol (CNET News) 翻訳校正: 水書健司 長谷睦 (ガリレオ)2016年08月04日 10時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Blackberryが「Blackberry Hub+」の「Google Play」での提供を開始した。これにより、同社製の「Android」機器だけでなく、すべての「Android Marshmallow」搭載機器でHub+の機能が利用可能になった。

 Hub+は「Password Keeper」や「Calendar」など、複数のコミュニケーションツールを1つのアプリにまとめたもので、Blackberryとしては初のサブスクリプションサービスとして提供される。30日間の無料試用期間が経過すると、月額0.99ドルの利用料がかかるが、試用期間中は広告が入ることになるとみられる。

 このサービスを利用すると、電子メール、テキストメッセージ、BBM(同社メッセージアプリ)、カレンダーの通知、ソーシャルコンテンツを1つのアプリで閲覧し、同じ場所からすべてに応答できるようになる。

 Hub+は、Google Playストアで発売されるが、いまのところ利用できるのは「Android 6.0」搭載機器だけだ。同社は、今後「Android 5.0 Lollipop」もサポートするべく作業に取り組んでいるほか、Hub+を「iOS」に展開する方法についても考慮中だという。


提供:Screenshot by Jason Cipriani/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集