KDDI研究所とKDDI総研が合併へ--「KDDI総合研究所」に改称

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDI研究所は8月3日、10月1日(予定)を効力発生日としてKDDI総研と合併し、社名を「KDDI総合研究所(KDDI Research)」に改称すると発表した。合併の方式は、KDDI研究所を存続会社、KDDI総研を消滅会社とする吸収合併方式。

 KDDI研究所は、1998年4月からKDDIグループの研究開発の中核として、幅広いテーマで情報通信技術の研究から開発、実用までを一貫して進めてきた。一方のKDDI総研は、1990年10月からKDDIグループのシンクタンクとして、国内外の情報通信を中心領域として各種調査、分析に取り組んでいる。

 両社はこれまでも、研究開発や調査活動において連携していたが、双方のリサーチ機能を高め、次世代技術の創出や未来予測を一層強化するため、合併に合意したとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加