logo

VRではなく“LR”--ニコ生でバイノーラル録音技術を活用した体感型サウンド放送を展開

佐藤和也 (編集部)2016年08月03日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドワンゴは、動画サービス「niconico」のニコニコ生放送において、ステレオ録音方式であるバイノーラル録音の技術を活用した生放送番組「LR NICOLIVE」を8月から開始する。

 バイノーラル録音はステレオ録音方式のひとつで、人間が実際に音を認知する状況と同じ状況のもとで収録する録音方式。ニコニコ生放送では、左右のマイクからステレオ録音されたバイノーラル録音を“LR技術”と名付け、この技術を駆使した立体音響で聴く生放送を開始する。

「LR NICOLIVE」
「LR NICOLIVE」

 高価な専用機器や高性能PCなどは不要で、手持ちのヘッドホンやイヤホンで体感型のサウンドを楽しめるのが特長。番組は声優が耳元でささやいてくれるようなシチュエーションの内容や、小川のせせらぎが聞こえる大自然の中や心霊スポット、アニメに登場する名所などにスタッフが出向き、自宅にいながらその場に居合わせたかのような臨場感あふれる体験型生放送番組を予定。今後も順次追加していく。

 直近では、8月12日21時から「藤田茜出演 樹海からの立体音響生放送←LR NICOLIVE→」、8月15日20時30から声優の赤羽根健治さんと島崎信長さんが出演する「体験型サウンド生放送”LR NICOLIVE”をためしてみた」、8月25日21時から「世界初!?立体生怪談 案内人・ありがとうぁみ ←LR NICOLIVE→」、8月28日16時から「耳をすませば」の聖地から定点生中継 ←LR NICOLIVE→」の放送を予定している。

-PR-企画特集