logo

ソニー、電池事業を村田製作所に譲渡--2017年3月の取引完了目指す

加納恵 (編集部)2016年07月28日 15時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 村田製作所とソニーは7月28日、ソニーグループの電池事業を村田製作所グループに譲渡する内容の意向確認書を締結したと発表した。10月中旬をメドに確定契約を結び、2017年3月末をメドに取引の完了を目指す。

 対象になるのは、ソニーの100%子会社ソニーエナジー・デバイスが手掛ける電池事業、ソニーが電池事業に関して中国とシンガポールに有する製造拠点、ソニーグループが国内外に有する販売拠点と研究開発拠点のうち、電池事業に関連する資産や人員となる。

 ただし、ソニーブランドで展開しているUSBポータブル電源やアルカリ乾電池、ボタン、コイン電池、モバイルプロジェクタなどは対象外になる予定だ。

 ソニーは1975年に電池事業を開始。1991年にリチウムイオン二次電池を商品化するなど、先進的な電池を開発してきた。村田製作所では、技術力とグローバルに事業を展開するソニーの電池事業に魅力を感じており、今後、この電池事業をエネルギー分野の中核に据える方針だという。

-PR-企画特集