任天堂の新ゲーム機「NX」、テレビ接続可能な携帯型か

Sean Hollister (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2016年07月27日 09時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ポータブルパワー

 これは、任天堂が1980年代末に革命的な「ゲームボーイ」を英語圏で売り込んでいた時の宣伝文句だが、同社が2016年中にまったく新しいゲーム機を発表する時のコピーも、同じものになるかもしれない。

 というのも、Eurogamer.netの新たな報道によると、開発が進められている「NX」は、ケーブルでテレビに接続したままの据え置き型ゲーム機ではなく、独自の画面を備えた携帯型ゲームシステムになるからだ。

 複数の匿名情報筋の話に基づく同記事によると、NXはオプションでドッキングステーションにスロットを挿し込んで大画面のテレビに接続できるが、主要な処理能力は携帯型ゲームシステムの内部に収められるという。これにより、ゲームボーイや「ニンテンドーDS」のように持ち運べるというわけだ。

 さらに、Eurogamerの情報筋によると、この携帯型ゲーム機のコントローラは取り外し可能なので、ポータブルテレビのようにNXの画面をテーブルの上に置いたり、離れた場所からプレイしたりすることもできるという。記事によると、NXはまた、任天堂の現行の携帯型ゲーム機と同様、光学ディスクではなくカートリッジを使用するという。

 任天堂の以前の「Wii U」も独自の画面を備えたゲームパッドが用意されていたが、あまり遠くへは持ち運べなかった(わずか8m以内に限られていた)。ゲーム機本体から無線接続を介して、高精細のグラフィックスを常時伝送するには、この範囲内に収める必要があったからだ。

 米CNETが任天堂にコメントを求めたところ、現時点で回答は得られていない。ただし同社は以前、ある種のハイブリッド型ゲームシステムについて示唆したことがある。2013年、任天堂は携帯ゲーム機とホームコンソールゲーム機の部門を統合したほか、当時同社の社長を務めていた故・岩田聡氏は投資家らに対し、携帯機と据え置き機は将来、「兄弟のような存在」になると話していた。


提供:Eurogamer

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加