logo

「ココナラ法律相談」が8月下旬に無料公開--弁護士と相談者をマッチング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ココナラは7月25日、非公開型で無料の法律相談サービス「ココナラ法律相談」を8月下旬より提供すると発表した。これに先立ち同日より、弁護士向け事前登録サイトを公開している。

「ココナラ法律相談」
「ココナラ法律相談」

 同社では、一律500円から提供できる知識・スキルの個人間取引(CtoC)プラットフォーム「ココナラ」を運営している。2012年7月にサービスを開始し、2016年7月時点で登録ユーザー数は約30万人、出品サービス数は約8万件、累積成立取引数は約70万件に及ぶという。

 新サービスのココナラ法律相談は、非公開型で弁護士とやりとりできるため、相談者は状況や問題点を詳細かつ具体的に伝えられるとしている。また、弁護士も相談者から得られる情報が多くなることで、アドバイスや解決の見通しを的確に回答できるとしている。弁護士の魅力を伝えることを重視しており、写真のスペースを大きく取り、事例やインタビューなどのコンテンツを充実さることで、弁護士自身のブランディング向上などにも貢献する。

サービス概要
サービス概要

 同社によると、近年は弁護士数が年間1300人ペースで増加し、過去20年間で弁護士人口は2.4倍と急増している。しかし、2000年以降の司法制度改革などに伴い平均所得は大幅に減少しているという。一方でココナラでは、法律問題の潜在需要層を多く抱えていることから、弁護士と相談者をつなぐココナラ法律相談の提供に至ったとしている。

 2018年8月時点で、弁護士登録数2500人(無料登録含む)、有料弁護士登録数1000人、弁護士からの広告収入3000万円/月を目指す。同社では、今後もこうした広告収益モデルの新規事業を推進していく予定。

-PR-企画特集