logo

マクセル、硬度ダイヤモンド超え--グラフェン振動板採用のハイレゾイヤホン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立マクセルは7月14日、ハイレゾ対応イヤホン「Graphene」(グラフェン)として、「MXH-GD200」(想定税別価格:1万1800円)と「MXH-GD100」(同:8980円)の2モデルを発表した。8月25日に発売する。

 MXH-GD200/GD100とも、直径10mmのドライバユニットに、ダイヤモンド以上の硬度を持つグラフェンコート振動板を採用。振動板の分割振動を抑制して、ひずみの少ないクリアな音を再生する。

 高速レスポンスによって、70kHzまでの高域の再生を可能とし、高精細なハイレゾ音源を再現。2つのバスポート配置の最適化で、力強い低音を実現した。

ドライバユニット分解図(MXH-GD200)
ドライバユニット分解図(MXH-GD200)

 MXH-GD200はさらに、ステンレス合金とカーボン高剛性ABS樹脂のハイブリッドボディにより、振動への対策を強化。グランド信号を分離した4芯ケーブル採用でクロストークを低減することで、ひずみの少ない繊細な再生音を実現した。

 MXH-GD200の本体カラーはシルバーのみ。MXH-GD100はブラックとホワイトを用意している。いずれもイヤーピースS、M、Lと、キャリングポーチが付属する。

「MXH-GD200」、「MXH-GD100」
「MXH-GD200」、「MXH-GD100」
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集