e☆イヤホン、ハイレゾプレーヤー「Luxury&precision L3」--バランス出力端子を搭載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 e☆イヤホンは7月13日、フルバランス回路設計のデュアルDAC構成で、バランス出力端子を搭載したハイレゾポータブルオーディオプレーヤー「Luxury&precision L3」(L3)を発表した。7月16日に発売する。税別価格は4万9800円。

「Luxury&precision L3」
「Luxury&precision L3」

 L3は、バランスモードの利用を前提に、電気回路を設計。DACチップからLPF入出力/信号拡大回路まで、LRチャンネルを完全分離したフルバランス回路設計を採用し、110dBチャンネル分離度(アンバランス時)の実現と、低ノイズ化を図った。

 PCやスマートフォン向けにUSB-DAC機能を搭載し、バランス出力にも対応。DSDは、DIFF/DSF/ISOに対応し、5.6MHzまでのネイティブ再生が可能だ。

 OSには、MicroC/OSをベースにした独自システムを搭載。ファンクションボタンにEQや再生モード、出力切り替えなどを任意で割り当て、ワンクリックで操作することも可能だ。

 本体サイズは幅60mm×高さ114mm×奥行き20mmで、重量は約165g。約6時間の充電で、アンバランスなら10時間、バランスなら8時間の連続再生を可能だ。専用のレザーカバーも用意している。

  • カバーとUSBケーブルが付属する

  • 上部にはファンクションボタン、ロックボタン、ボリューム、サイド下部にmicroSDカードスロット

  • 左から、3.5mmステレオミニ端子、2.5mmバランス端子、ライン出力コアキシャル出力端子、microUSB-B端子

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加