形も音質も思いのまま--音質をカスタマイズできる米国生まれのヘッドホン

加納恵 (編集部)2016年07月09日 11時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 モダニティは7月8日、米オーディオブランド「TORQUE」のヘッドホン「t402v」(税別価格:3万9800円)とイヤホン「t096z」(同:2万9800円)を販売すると発表した。両機種ともに音質をカスタマイズできるユニークな特徴を備える。発売開始は8月上旬。

 t402vは、40mmのダイナミックドライバを搭載したヘッドホン。イヤーパッド部の取り外しができ、オンイヤーにもオーバーイヤーにも変更ができる。パッドの向きによって4種類の低音モードを選択ができ、オンイヤー、オーバーイヤーで低音のレベルが違うため、計8種類のサウンドを再生できる。

 周波数特性は20Hz~20kHz。ケーブルは脱着式で、iOS対応のマイク付きリモコンを備える。

  • ヘッドホン「t402v」

  • オンイヤータイプ

  • オーバーイヤータイプ

 t096zは、ノズル部を交換することで6つのサウンドにカスタマイズができるイヤホン。9mmのダイナミックドライバを搭載し、「TorqueValve」を付け替えることで、音質を変更できる。3種類のシリコンチップのほか、フランジタイプイヤチップ2種類、ロック式チップ1種類、コンプライ製フォームチップ1種類が付属する。

 両機種ともに7月16~17日に、東京・秋葉原で開催される「ポタフェス2016東京」に出品予定だ。

  • イヤホン「t096z」

  • イヤチップ

  • 6つのノズル部を同梱する

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加