logo

オーディオテクニカ、重低音ワイヤレス「SOLID BASS」2機種を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オーディオテクニカは7月7日、ヘッドホン「SOLID BASS(ソリッドベース)」シリーズのBluetooth対応モデルとして、「ATH-CKS990BT」(想定税別価格:2万円)と「ATH-CKS550BT」(同:1万円)を発表した。7月22日に発売する。

 2機種ともBluetoothに対応し、電源のオン/オフや再生/停止、通話切り替えなどのリモコン操作ができる、「マルチファンクショングリップ」を左右に装備。新形状のウェアラブルネックバンドを採用し、装着時の一体感にこだわった。1.0m充電用USBケーブル、XS、S、M、Lサイズのイヤピース、ポーチが付属する。

 ATH-CKS990BTは13mm、ATH-CKS550BTは9mmの「デュアルマグネティックフィールド・ドライバー」を採用。向かい合う2つのマグネットによる力強い駆動で、締まった低域を再生する。

 ATH-CKS990BTは、切削無垢アルミニウムエンクロージャーを採用し、マルチトランジションDLC(ダイヤモンドライクカーボン)振動板で、高域特性を生かしつつ鮮明な重低音を再生。2つのベント(空気孔)で、筐体内部の空気のバネ性を最適化する「デュアルエアフローベース・ベンティングシステム」も備えた。

「ATH-CKS990BT」
「ATH-CKS990BT」

 ATH-CKS550BTは、ドライバ特性に応じた最良の位置にベントを配置する「エアフローベース・ベンティングシステム」を採用。の空気のバネ性を最適化し、低音の出力能率を向上した。本体カラーはブラックゴールドとホワイトの2色。

「ATH-CKS550BT」
「ATH-CKS550BT」
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集