印刷

[ウェブサービスレビュー]自宅のカラープリンタで印刷OK--名前入りのし紙サービス「のしJP」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
のし無料
内容:「のしJP」は、のしを無料で作成できるサービスだ。祝い事や贈答品などでのし紙やのし袋が必要になった際に、手元のカラープリンタを用い、宛名入りの簡易なのし紙やのし袋を自由に作成できる。

 「のしJP」は、のしを無料で作成できるサービスだ。祝い事や贈答品などでのし紙やのし袋が必要になった際に、手元のカラープリンタを用い、宛名入りの簡易なのし紙やのし袋を自由に作成できる。

「のしJP」トップページ
「のしJP」トップページ。まずは水引きを選択する。どの結び目を選んでよいかわからない場合は「熨斗(のし)をまなぶ」ページを参考にするとよい

 作成にあたっては、本サービスで出力したPDFをダウンロードし、それを印刷する流れになる。まずはサイト上で、蝶結びや七本結切といった水引きの種類と、フォントの書体、御祝や粗品といった上書きの種類、用紙の大きさ、さらに名前を入力して「のしを作成」をクリック。プレビューが表示されるので、問題がなければPDFをダウンロードして開き、それらを印刷すれば完了だ。

  • 続いて字体、上書き、用紙の大きさ、名前を指定して「のしを作成」をクリックする。名前は複数行の入力に対応しており、1行の文字数は10字まで

  • プレビューが表示されるので、問題がなければこのままブラウザ上で開くか、もしくは右クリックでローカルにPDFを保存する

  • Acrobat Readerで開いたところ。あとは印刷を実行すればよい

 印刷は、のし紙であればA4サイズで印刷すればそのまま使用できる。折って作成できるのし袋については、A4用紙ではサイズが足りないため、それ以上のサイズに対応した大判プリンタが必要になる。いずれの場合も、コピー用紙への印刷ではさすがにチープさを感じるが、印刷用紙を工夫さえすれば、既成品以上の仕上がりも期待できる。

A4用紙に印刷したところ。原寸のまま使用できる。用紙は適宜工夫するとよいだろう
A4用紙に印刷したところ。原寸のまま使用できる。用紙は適宜工夫するとよいだろう

 本サービスを利用するメリットとしては第一にコストダウンが挙げられるが、もうひとつ、名前をプリンタで印刷できることも隠れた利点だろう。市販ののし袋を購入した場合、筆などを使って名前を手書きで記入する必要があるが、本サービスを使えば任意の名前(1行10文字以内)を印刷できるので、手書きの手間がかからない。書体(4種類)も指定できるほか、複数行の入力にも対応しているので、連名での記入などにも対応できる。

 無料版は裏面に当たる箇所に小さくサービス名のクレジットが入るが、既成品でも何らかの形で品名などが入っていることもあり、使っていてそれほど気になることはない。性質上、クレジットは外したいという場合は、クレジットが入らない有料版も用意されているので、必要に応じて利用を検討するとよいだろう。

  • のし袋も用意されている。線に従って折って組み立てることで完成する

  • ただしのし袋はA4サイズでは印刷できず、別途大判プリンタが必要になる。折り位置を示す線がやや目立つのも気になるところ

  • クレジットの入らない有料版も用意されている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加