logo

BlackBerry、「BlackBerry Classic」スマートフォンの製造終了を発表

Ben Fox Rubin (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2016年07月06日 10時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 苦境に陥っているカナダの携帯電話メーカー、BlackBerryは現地時間7月5日、わずか18カ月前に発売したばかりのスマートフォン「BlackBerry Classic」の製造を終了することを明らかにした。

 この製品がBlackBerryの既存の顧客層向けに設計されたのは明らかだが、同社は新規ユーザーの獲得を願い、魅力的な特徴として、物理キーボード、メッセージングハブ、長くなったバッテリ持続時間をアピールしていた。BlackBerryは、同製品のOSとして、はるかに普及しているGoogleの「Android」ではなく、独自の「BlackBerry 10」を採用したが、他のモデルではAndroidの搭載を始めている。

 しかし、BlackBerry Classicはまったく顧客に受け入れられなかった。

 BlackBerryで最高執行責任者(COO)兼デバイス担当ゼネラルマネージャーを務めるRalph Pini氏は、7月5日のブログ投稿で次のように述べた。「われわれは、ポートフォリオの革新と前進を続けるため、スマートフォンの製品ラインを最先端のデバイスでアップデートする。その一環として、またこの市場における長年の成果を受けて、BlackBerry Classicの製造を終了する」

 Pini氏は、同社が今後もBlackBerry 10のサポートを継続し、BlackBerry 10とAndroidの両デバイスの成功に向けて取り組んでいくと述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集