楽天がネットラジオに進出--「クリムゾンFM」など20のステーション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天は7月1日、同日よりインターネットラジオ配信プラットフォーム「Rakuten.FM」を提供すると発表した。

 これに合わせ、無料デジタル放送「i-dio(アイディオ)」のコンテンツプロバイダであるTOKYO SMARTCAST、ジャパンエフエムネットワーク、ライツ管理会社であるVVJと、編成・営業面で協業。放送のチャンネルおよび、配信の運営を担う。


 Rakuten.FMは、さまざまなジャンルの音楽やトーク番組を、スマートフォンアプリやブラウザから無料で聞けるインターネットラジオ配信プラットフォーム。

 サービス開始時は、参画コンテンツプロバイダが配信するクラシックやジャズ、クラブミュージック、アニメソングなど音楽専門のステーションをはじめ、「楽天イーグルス」や「楽天トラベル」が運営するステーションを設置。そのほか、スポーツ、ライフスタイル、カルチャーなどの情報発信を、計20のステーションで実施する。

 参画プロバイダは、Rakuten.FMを通して、自らが制作したコンテンツの配信が可能。プレイリスト管理や番組の時間指定配信機能などが無料で利用でき、楽天が提供するラジオ番組の運用ノウハウも活用できる。楽天によると、将来的には、広告配信などによる収益獲得の機会も提供する予定だという。

「Rakuten.FM」の参画コンテンツプロバイダ
「Rakuten.FM」の参画コンテンツプロバイダ

 また、Rakuten.FMのフラッグシップステーション「Crimson FM(クリムゾンエフエム)」の放送を、「i-dio」と「Rakuten.FM」で配信する。Crimson FMは、「HUMAN CENTRIC × DATA DRIVEN」をコンセプトに、ラジオ番組制作の経験豊富なキュレーターが、リスナーの聴取データに基づき番組を編成。ジャンルに縛られない楽曲や、国内外の音楽フェス情報、俳優・女優やお笑いタレントなどがパーソナリティを務めるトーク番組などを提供する。

 具体的には、最新のテクノロジ情報やスタートアップ、人気の読者モデルを取りあげる「Rakutenクラブ」、毎回1人のアーティストをテーマに特集する「Sunday Special」、演歌番組「Soul of Japan」などの番組をラインアップする。

 また、世界最大規模の野外ダンス・ミュージック・フェスティバル「Tomorrowland(トゥモローランド)」をはじめ、日本最大級の音楽フェスティバルなど国内外の音楽フェスとコラボレーション。ライブ音楽も楽しめる番組を提供していく予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加