Indiegogo

2D映像を3D化して2Dテレビで立体視可能にする「Edison 3D」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 次世代テレビとして立体映像の楽しめる3Dテレビが登場したのは、もう何年も前だ。ところが、家庭で3D映像を視聴する時代は訪れていない。これは、3Dテレビが普通のテレビより高価で普及しないことと、テレビ番組などで3Dコンテンツが増えないことが相互に影響し合っているためだ。

 そこで、2D映像コンテンツと2Dテレビで3D映像を楽しむためのデバイス「Edison 3D」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Indiegogo」で支援募集中。

2D映像を3D化して2Dテレビで立体視(出典:Indiegogo)
2D映像を3D化して2Dテレビで立体視(出典:Indiegogo)

 Edison 3Dは、HDMI入力された2D映像コンテンツを擬似的に3D化し、テレビへHDMI出力する小さなデバイス。この映像を一般的な2Dテレビで表示すると右目用と左目用の映像が重なって見えるので、付属のアクティブシャッター式メガネを通して立体視する。3D化の程度は、6種類のパラメータで調整できる。

HDMIケーブルを2本接続するだけ(出典:Indiegogo)
HDMIケーブルを2本接続するだけ(出典:Indiegogo)

 さまざまな2Dコンテンツの3D化が可能で、テレビ番組だけでなく、DVDやブルーレイの映像、ゲーム、PC経由の映像などを、既存のテレビで3D映像として楽しめる。テレビだけでなく、プロジェクタで投影する映像も3D化できる。

ゲームも3D化(出典:Indiegogo)
ゲームも3D化(出典:Indiegogo)

 Indiegogoでの目標金額は、Edison 3Dを完成させるのに必要な開発費用の2000ドル。記事執筆時点(日本時間6月29日17時)でキャンペーン期間は1カ月残っているが、すでに目標を上回る2045ドルの資金を集めている。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加