logo
Makuake

震災直後の一夜を乗り切るための超タフなLED&バッテリ「IZAT(イザット)」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 震災などにより停電し、手軽に使えるライトがない。あるいは、スマホの充電ができないといったトラブルを避けるために、転ばぬ先の杖として用意しておきたいのが、「IZAT(イザット)」のようなライト兼用バッテリだ。

「IZAT(イザット)」
「IZAT(イザット)」

 IZATは、「安全に一夜を過ごすための灯りがある安心」と「家族の安否や災害情報を確認できる安心」――その両方を提供するためのプロダクト。

 最大点灯60時間のLEDライト(照度は最大100ルーメン)を備えており、ハイ/ロー(ホワイト)、尾灯(レッド)、赤色点滅、SOSストロボという5つの点灯タイプに対応している。

最大点灯60時間のLEDライト
最大点灯60時間のLEDライト

 また、USBポートを備えており、内蔵バッテリ(最大2210mAh)を使ってスマホなどの充電も可能。

スマホなどの充電も可能
スマホなどの充電も可能

 日本工業規格で最高の防塵防水レベルであるIP68(粉塵の侵入を完全に防ぎ、かつ長時間水没しても影響がない)に対応しており、屋外でも安心して利用できる。防水性能に関しては、深さ1mでテスト済み。衝撃にも強く、多少荒い使い方をしても問題ない耐衝撃性能を有するという。

粉塵の侵入を完全に防ぎ、かつ長時間水没しても影響がない
長時間水没しても影響がない

 Makuakeでの目標金額は16万2000円。記事執筆時点(6月24日18時)で、すでに目標を超える27万円の資金を集めている。プロジェクトの残り日数は62日。

-PR-企画特集