logo

LINE、7月についに上場--「戦略や体制が整った」とコメント

山川晶之 (編集部)2016年06月10日 16時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは6月10日、東京証券取引所への新規上場が承認されたと発表した。また、ニューヨーク証券取引所への新規上場に関して、米国証券取引委員会に対し、Form F-1による登録届出書を提出するとあわせて発表した。上場予定日は東証が7月15日、ニューヨーク証券取引所には7月14日を予定している。

LINE公式ウェブサイト
LINE公式ウェブサイト

 今回、3500万株を新規で発行。発行想定価格の2800円で算出した場合、公募増資で980億円を調達する計画。時価総額は約5880億円となる見通しだ。

 このタイミングでの上場について、同社広報部は「サービス基盤やLINE全体のユーザー数など、社内の体制が整ったため」とコメントした。また、2016年3月の「LINE CONFERENCE TOKYO 2016」で打ち出された「スマートポータル」戦略の発表も関係しているという。

 スマートポータルは、LINEを入り口として、オンラインとオフラインを問わず、いつでもどこでも自分が必要とする人や情報・サービス、企業・ブランドとシームレスに繋がり、すべてがLINEで完結するという構想を指す。

 なお、LINEでは2014年に東証へ上場申請しており、すでに何度か上場に関する報道がされている。先述した戦略や社内体制が整うのを待っての上場承認となった。

 LINEは、2011年6月23日にサービス開始。2016年1-3月期に発表された月間アクティブユーザー数(MAU)は、グローバルで約2億1840万人。そのうち、日本、タイ、台湾、インドネシアの主要4カ国を合わせたMAUは約1億5160万人にのぼる。

-PR-企画特集