logo

デル、個人向けPCにBlu-ray搭載や2-in-1モデルなど7製品--販売好調の背景とは

坂本純子 (編集部)2016年06月03日 17時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デルは6月3日、個人向け「Inspiron」シリーズの2-in-1 PCと、Blu-ray搭載オールインワンPCなど、7製品を同日より順次発売すると発表した。

パワフルな性能とデザイン性を備えた「New Inspiron 13/15 7000シリーズ 2-in-1」(10万9980円~)
パワフルな性能とデザイン性を備えた「New Inspiron 13/15 7000シリーズ 2-in-1」(10万9980円~)

 「Inspironシリーズ2-in1」の新製品として、パワフルな性能とデザイン性を備えた「New Inspiron 13/15 7000シリーズ 2-in-1」(10万9980円~)、機能性とデザイン性を備えた「New Inspiron 13 5000シリーズ 2-in-1」(オープン価格)、ポップな外観を特徴とするエントリーモデル「New Inspiron 11 3000シリーズ2-in-1」(3万9980円~)を提供する。

同じカラーのマウスも用意
同じカラーのマウスも用意

 中でも、New Inspiron 13/15 7000シリーズ 2-in-1は、つや消しアルミボディの上質なデザインと優れた機能、パワフルな性能を備え、360度回転式のヒンジにより利用環境に応じた4つのモード(PCモード、テントモード、スタンドモード、タブレットモード)を使い分けられるのが特徴。顔を認識してパスワードなしで容易にログインできる「Windows Hello」にも対応する。

 New Inspiron 13 5000シリーズ 2-in-1はブラッシュド加工のアルミボディで、最大512GバイトのSSDを選択できる。こちらもWindows Helloに対応している。

 New Inspiron 11 3000シリーズ2-in-1は、レッドとホワイトの2色を展開。ホワイトは、本社に要望を出して日本やアジア向けに作ったものだという。本体と同じカラーの「デル製ワイヤレスマウス」(別売:1574円)も販売する。

ポップな外観を特徴とするエントリーモデル「New Inspiron 11 3000シリーズ2-in-1」(3万9980円~)
ポップな外観を特徴とするエントリーモデル「New Inspiron 11 3000シリーズ2-in-1」(3万9980円~)
  • New Inspiron 13/15 7000シリーズ 2-in-1の特徴

  • New Inspiron 13 5000シリーズ 2-in-1の特徴

  • New Inspiron 11 3000シリーズ2-in-1の特徴

Blu-ray搭載モデルも注力

Inspiron 15 5000シリーズの特徴
Inspiron 15 5000シリーズの特徴
New Inspiron 22 3000シリーズの特徴
New Inspiron 22 3000シリーズの特徴
Inspiron 24 5000シリーズの特徴
Inspiron 24 5000シリーズの特徴

 このほか、Blu-rayを搭載した新製品は、メインストリームノートPC「Inspiron 15 5000シリーズ」(オープン価格)、オールインワンPC「New Inspiron 22 3000シリーズ」(5万9980円~)と「Inspiron 24 5000シリーズ」(オープン価格)で展開する。

 Inspiron 15 5000シリーズは、HD IPS ディスプレイを搭載し、鮮やかなカラーとスタイリッシュな外観を特長とする。New Inspiron 22 3000シリーズ オールインワンは、広視野角21.5インチ大画面フルHD IPSタッチディスプレイ、Blu-rayドライブ、ワイヤレスキーボードとマウスがすべてそろったオールインワンPCだ。4つのUSBポートとマルチカードリーダ搭載HDMI入力端子搭載でモニタとしても使用できる。

 Inspiron 24 5000シリーズ オールインワンは、広視野角で鮮やかな映像と高画質動画を堪能できる大画面23.8インチフルHD IPSタッチディスプレイを搭載し、インテル Core i7プロセッサ、大容量2TバイトのHDDを備える。

対前年比で販売台数は1.5倍に--好調の背景は日本向け製品の投入

2-in-1モデルの出荷台数も好調
2-in-1モデルの出荷台数も好調
Blu-ray搭載PCの市場
Blu-ray搭載PCの市場

 2016年3月期における個人向けPCのビジネス状況は、販売台数が対前年比で1.5倍に増え、それに伴いシェアも3.5ポイントアップ(IDC Japanデータ)という。PC市場は全体的に冷え込む中で、なぜデルは好調なのか。デル 執行役員 ビジネス&コンシューマー事業統括本部長の渡邊義成氏は、コンシューマー事業の戦略として(1)客が求める製品の拡充(2)組織体制の増強(3)広告宣伝投資の強化──の3つを挙げた。

 特に、Blu-ray搭載モデルや日本のマーケットで人気のあるカラー、ホワイトの投入が支持を得ているという。日本においては、PC全体の2割がBlu-ray搭載機種だという。一方で、世界的に見るとBlu-ray搭載モデルの需要は少なく、デルにおいてはカスタマイズモデルの構成にさえない国が多い中、日本向けに搭載モデルをつくっているとした。

 また、コンシューマー事業本部では、直近半年の間に組織の人数を倍増。「営業だけでなくマーケティング、オペレーション。細かいところまではオープンにしていないが、ビジネスパートナーも協業でビジネスを拡大し、営業体制も増強した」と説明した。

 広告宣伝については、「マーケットの中で、これだけ大きく成長しているので、シェアも伸びている。お客様の目に広く触れられるように、投資の強化をしている。さらに加速して、日本のPCマーケットをもっと元気にしていく」と語った。

日本のユーザーのニーズに合った製品を投入
日本のユーザーのニーズに合った製品を投入
デルの新製品発売キャンペーン
デルの新製品発売キャンペーン

 デルでは、新Inspironシリーズの発売を記念した2つのキャンペーンを8月31日まで実施中だ。期間中に対象となるモデルの購入者の中から抽選で500名にNetflixの六カ月分視聴プロモーションコードをプレゼントするほか、Blu-rayを搭載した対象製品の購入者の中から100名にBlu-ray映画10作品から好きなタイトル1枚をプレゼントする。詳細はウェブサイトを参照のこと。

デル マーケティング統括本部 ビジネス&コンシューマーマーケティング本部 マネージャーの渡邊真理子氏、執行役員 ビジネス&コンシューマー事業統括本部長の渡邊義成氏、クライアントソリューションズ統括本部 クライアント製品マーケティング部 マーチャンダイジング コンサルタントの合田大輔氏
デル マーケティング統括本部 ビジネス&コンシューマーマーケティング本部 マネージャーの渡邊真理子氏、執行役員 ビジネス&コンシューマー事業統括本部長の渡邊義成氏、クライアントソリューションズ統括本部 クライアント製品マーケティング部 マーチャンダイジング コンサルタントの合田大輔氏

-PR-企画特集