logo

[ウェブサービスレビュー]サムネイルも取得可、身代わりで短縮URLをチェックする「CheckShortURL」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CheckShortURL
内容:「CheckShortURL」は、短縮URLに直接アクセスすることなく、元URLの素性を確認できるサービスだ。元URLやタイトルなどのほか、サムネイルも表示できるので、危険なURLをうっかり踏んでしまう事故を未然に防ぐことができる。

 「CheckShortURL」は、短縮URLに直接アクセスすることなく、元URLの素性を確認できるサービスだ。元URLやタイトルなどのほか、サムネイルも表示できるので、危険なURLをうっかり踏んでしまう事故を未然に防ぐことができる。

「CheckShortURL」トップページ。
「CheckShortURL」トップページ。海外サービスでインターフェースは英語だが、URLを入力してクリックするだけなので特に難しくはない

 使い方は簡単で、短縮URLを入力してクリックするだけ。解析が完了すると、サイトのサムネイルのほか、元URL、タイトル、Description、キーワードといったサイトにまつわる情報が表示される。表示は日本語にも対応しているので、タイトルやDescriptionに日本語が使われていた場合でも問題なく表示される。

 解析結果からは、Googleなどの検索エンジンやTwitterで対象URLを検索するためのリンクが用意されており、ワンクリックでサイトの評判を確認できる。さらにGoogleセーフサーチやNorton Safe Webなどのセキュリティ診断サイトへのリンクも用意されており、これらのサイトを用いたドメインの安全性評価もすばやく行える。ページそのもののスクリプトチェックでない点は留意する必要があるが、これらの機能を組み合わせれば、そのサイトにアクセスして問題ないかを判断するのに十分な情報を得られるというわけだ。

  • フォームにURLを入力して「Expand」をクリックすると解析が実行される

  • 解析が完了し、サイトのサムネイルが表示された。下にスクロールすると元URLなどの情報が表示される。このページ自体に固定URLも発行されるので共有も可能だ

 またこれらとは別に、各短縮URLサービスで、特定の文字列を使ったURLが取得できるかを一括チェックできる機能も用意されている。具体的に例を挙げると、「CNET」という文字列を含む短縮URLを作りたい場合、「http://短縮URLサービス/CNET」というURLが取得可能かどうか、エイリアスの空き状況を一括チェックしてくれるのだ。国産のサービスは含まれていないものの、bit.lyやTinyURLなど著名な短縮URLサービスが含まれているので、エイリアス入りのURLが欲しい場合に重宝するだろう。

 ネックとなるのは、サムネイルの取得が一瞬で終わることもあれば、しばらく待たされる場合もあること。サムネイルを生成している外部サービスの混み具合によるものとみられるが、本サービスの売りの機能ということもあり、時間帯によってはかなり高い確率で発生するので困りものだ。また国産の短縮URLサービスなど、世界的に見てあまりメジャーではない短縮URLサービスには対応していない場合もあるので、必要に応じて他サービスと使い分けるとよさそうだ。

  • 元URL、タイトル、Description、キーワードといった情報のほか、必要に応じてセキュリティ診断を行うためのリンクも用意されている。表示は日本語にも対応している

  • さまざまな短縮URLサービスで、特定の文字列を使ったURLが取得できるかを一括チェックできる機能も用意されている

  • これは「CNET」という文字列が使える短縮URLサービスを検索したところ。利用可能なサービスは緑色の文字で「avaiable」と表示されている

-PR-企画特集