logo
iOSアプリレビュー

iPhoneをより快適に--通知センターから使えるツールアプリ5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 iOSデバイスで画面上部を下にドラッグすることで表示される「通知センター」には、標準でカレンダーや交通状況などが表示できるようになっているが、自前でさまざまな機能を組み込むことで、よりいっそう便利に利用できる。今回は、通知センターから呼び出したり、通知センター上で使えたりすることを売りにしたツールアプリを5つ紹介する。

FasPos(無料:2016年5月現在)

 「FasPos」は、通知センターからすばやくTwitterへの投稿が行えるアプリ。通知センターを経由することで、どんなアプリを起動していてもすぐに投稿画面を呼び出してツイートできる。新規投稿のほかリプライにも対応、また複数アカウントの切り替えも可能。

  • FasPos

クリップリー(無料:2016年5月現在)

 「クリップリー」は、クリップボードにコピーしたテキストを格納し、通知センターから呼び出して貼り付けられるようにするアプリ。顔文字や定型文、メールアドレス、IDパスワードなども登録可能。無料版では登録できるアイテム数に制限がある。

  • クリップリー

TextNote(無料:2016年5月現在)

 「TextNote」は、通知センターに固定テキストを表示できるアプリ。従来は「TextFlight」という名称で提供されていたアプリで、最大20行程度の長文を貼り付けることができるので、タスクのほか標語を貼ったり、暗記するための文章を貼るなどの使い方が可能。

  • TextNote

ファイナル・カウントダウンタイマーデイ(無料:2016年5月現在)

 「ファイナル・カウントダウンタイマーデイ」は、期限日までのカウントダウンを通知センターに表示してくれるアプリ。仕事などの期限のほか、誕生日、クリスマス、新年などさまざまなイベントを登録していつでも参照できる。リピート登録も可能。

  • ファイナル・カウントダウンタイマーデイ

Orby Widgets(120円:2016年5月現在)

 「Orby Widgets」は、CPUやメモリ、ストレージ、バッテリなどシステム関連の情報を通知センターのウィジェットに表示できるアプリ。また利用頻度の高いアプリへのショートカットや、よく使う連絡先のアイコンも配置できるなど多機能ぶりが光る。今回紹介する中では唯一の有料アプリ。

  • Orby Widgets

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

-PR-企画特集